I. 子どもの骨折の疫学


子どもの骨折は、長期にわたって動けない状態となるばかりか、子どもの健全な骨発育を障害して骨の量を減らす恐れがあり、将来、骨粗鬆症になりやすくなる危険性があります。したがって、子どもの骨折を予防することは、学校現場において重要な課題の一つです。



JP/NT/0317/0052