日常生活における注意点


年齢別の注意点

乳児


育児の通常動作でも骨折


育児の通常動作でも骨折することがあり、場合によっては大きな音に驚いただけで骨折することもあります。骨折がある場合は、抱っこや更衣を嫌がったり、機嫌が悪かったりします。 
 

日常生活での注意点


部屋を静かにして、赤ちゃんの周りを整頓します。呼吸は普段から少し速く、汗をたくさんかくことが多いです。1分間の呼吸数、体温をよく把握し、異常の早期発見に努めましょう

移動 : 移動の際には人手が必要なため、移動可能な人数かを判断し、準備(着替え、布団など)を行っておきます。通路の障害物をどけて、最近痛めた箇所に注意して移動します。

抱っこ : 両手で、骨盤・下肢の保持と頭部・肩・上肢の保持が必要です。後頭部は骨がまだ形成されていないことが多く、柔らかいクッションで包むなどして強く握らないように支えます。慣れないうちは、頭の保持を別の人に助けてもらいましょう。激しく泣かないかを確認しながら、ゆっくり移動します。

衣類 : 薄着で、袖ぐり・襟ぐりが大きく、サイズの大きい服を選びます。袖を通すときに手をつかんで引っぱらないようにします。衣類の紐が手足、指に絡まないように気を付けます。オムツは、外力をできるだけかけずに交換します。

入浴 : 明らかな骨折のあるときは、入浴、抱っこによる移動は見合わせます。びっくりさせないように少しぬるめのお湯にすると良いでしょう。手足を動かしてもぶつからないよう気を付けます。浴槽の近くまで安全な方法で移動させ、裸で抱っこをする距離を短くします。赤ちゃんの手足が空中でばらばらしないようにします

哺乳 : 寝たままが多くなります。げっぷは難しいです。浣腸・おなかのマッサージを併用し、おならを出すことを心がけます。添い寝はかなり危険です。

山中 良孝 / なかよし小児科 院長
(清野 佳紀監修 : 改訂版骨の病気と付き合うには,メディカルレビュー社 : 349,2010) 

次のページへ >>


2525B005802