日常生活における注意点


年齢別の注意点

小学生


骨折しやすい病気


治療後ギプスを外すと別のところに骨折が起こりやすく、骨折とギプスをしている間は、その部分を動かさないことによる骨萎縮の悪循環が
 

学校の選定


就学の5か月前に健康診断を受け、障害の程度、学校の体制などを考慮し、市区町村の教育委員会が決定します。知的な問題がなければ、普通校に行く子どもの割合は増加しています。
 

学校生活


教室は1階が良いでしょう。エレベーターやリフトの設置、障害者用トイレ、スロープ、階段の手すり設置など、施設の充実も必要です。体育活動については、主治医と相談しましょう。

※ 施設の工夫のポイントは、軟骨異栄養症 日常生活における注意点 小・中・高生のページをご参照ください。


山中 良孝 / なかよし小児科 院長

(清野 佳紀監修 : 改訂版骨の病気と付き合うには,メディカルレビュー社 : 350,2010一部改変)

次のページへ >>


JP/NT/0317/0052