日常生活における注意点


特に注意していただきたい点

骨変形・骨粗鬆症になりやすい


骨折部位は骨変形の原因となることも多く、大腿骨の変形は歩行確立の障害となったり、脊椎の変形は呼吸障害や便秘など、日常生活に大きく影響する合 併症を起こすことがあります。真っすぐな骨が曲がると、より折れやすくなります。一般に、成長するにつれて骨折の頻度は減りますが、その後、早期に骨粗鬆 症の症状が始まり、腰痛や背部痛がみられるようになります。
 

山中 良孝 / なかよし小児科 院長
(清野 佳紀監修 : 改訂版骨の病気と付き合うには,メディカルレビュー社 : 348,2010) 

次のページへ >>


JP/NT/0317/0052